車内フェラ

車内で咥えられた瞬間、ああ、僕はようやく運命の人に巡り合った、と思った。
彼女とは単なるフェラ援だ。インターネットの割り切り掲示板で適当に選んだだけの存在で、本当の名前も年齢もわからない。待ち合わせ場所で顔を合わせた時も「ああ本当に女性でよかった」と思った程度だった。度がきつそうなメガネをかけていて、肩から掛けているポーチは色あせている貧乏くさい女の子だった。ただ、僕も車内フェラに高級コールガールの登場を望んでいるわけではないので、車内フェラしてもらうくらいだったらこれくらいの子が素人っぽくていいかな、と考えていた。
彼女を車に乗せた僕は約束通り車内フェラをしてもらった。助手席から窮屈そうに体をひねりながら、彼女は不器用ながらも一生懸命に僕をフェラしてくれた。その時に僕は運命を感じたのだ。
車内フェラはこれまでも経験があった。ただ、それは単にホテル代を節約するためであり、特に車内フェラにこだわっていたわけではない。それが何だろう?彼女が股間にのしかかるようにして口に含んでいる姿に、僕は不覚にもときめいたのだ。彼女は格段にかわいくはないし、フェラも一生懸命は伝わるが決して上手いわけではない。だとすると、この気持ちは運命と言うしかない。僕と彼女はきっとどこかで赤い糸につながっていたのだ。
車内フェラ希望のJCエロ垢にアマギフ詐欺に遭い学んだセフレの作り方
車内フェラを終えた後、僕は彼女をホテルに誘ってみた。体を合わせてみて運命を占いたかったのだ。しかし、彼女には「それはちょっと・・・ごめんなさい」と断られた。まあ、プチ目的なので当然だろう。だが、次回の約束は取り付けることができた。車内フェラから始まる恋があってもいい。車から降りて「ありがとうございました」と頭を下げた彼女が、出会った頃とは別人のように輝いて見えた。
しかし、2度目に会った時、僕の期待は裏切られた。彼女はコンタクトをしており、ファッションもまるでデート援をするかのように洗練されていた。眼鏡をはずした彼女は美しく、フェラも慣れてきたのか初回とは比べ物にならないくらいうまくなっていた。それは、同時に僕には「コレジャナイ」感が強く浮かばせていた。僕は、初回のたどたどしい彼女に運命を感じたのだ。
彼女とは3度目はなかった。僕は再び運命を感じるために新しいフェラ友を探している。
不倫したい
不倫掲示板