24歳独身女性フリーターの神待ち体験

どうしても実家を出たくて神待ち掲示板で神を待ちました。するとものの数分で
数十人の人からメールが来ました。男の人ってやっぱりなんて思いましたけど、同時に女で
よかったとも思いましたね。貯金も全くないのでこういうことでもしないと
実家を出るなんて出来なかったと思います。もう父も母も精神障害者だと思ってます。
あの日も口論で父が壁を殴ったんですね。それを見た時にああもう本当に家を出ようと
決めたんです。でも私バイトもすぐにクビになってしまうし貯金もないのでこれはいよいよ
風俗でもやるしかないなって思ったんです。でもそれにしてもとりあえずは家を出なくちゃって
思って、でも流石に路上で寝るなんて出来ないし今は冬ですから寒さで死んでしまうリスクも高いです。
だから神待ち掲示板を利用したっていう感じです。条件として写真の提示を
入れておいたので一番まともそうなルックスの人を選びました。
条件はとりあえず1週間にしました。
お風呂にとりあえず入れてもらってすぐにそういうことになりました。でも特に上手いわけでもなく、
まあ普通って感じでしたね。別に楽しもうっていう気にもならないです。だってすごく
精神的にも肉体的にも消耗してましたから。
まあハッキリ言って早く終わってちょうだいって感じでしたね。そうしたら願いが通じたのか
相手の人はもう本当にものの数分で果ててしまいました。で、すぐに横でグーグー寝だしたんです。
まあ私にとっては早く終わってよかったかなって感じでしたね。これが初めての神待ち体験です。